UA-128584569-1

海外ファッションリサーチ部

ファッションカテゴリーにおける転売副業のリサーチを専門にしたサイトです。

海外仕入れのデメリットがビジネスの成功へとつながる

calendar

reload

海外仕入れのデメリットがビジネスの成功へとつながる
部長のpokoです。

今回は転売を副業にするうえで大切な仕入れについて説明させていただきます。
仕入れには大きく分けて2通りの仕入れパターンがあります。

① 日本国内で仕入れて転売する方法
② 海外から仕入れて転売する方法

 

日本国内で仕入れて転売する方法ですが、大きく分けると店舗せどりと電脳せどりに分けられます。
ここでは詳しくは説明はしませんが、国内転売は後発組にとっては稼ぎにくい環境にあると思います。その理由はライバルが多すぎることや、商品の奪い合いによる価格競争が起きているからです。

その結果、利益を最大化させることができないのです。

 

次に海外から仕入れて転売する方法ですが、こちらもメリットとデメリットはあります。メリット、デメリットについては後程ご説明させていただきますが、海外仕入れでは国内の人気売れ筋商品が現地価格にて仕入れることができます。

その結果、利益を最大化させることができるのです

 

よってこれから転売ビジネスを始める初心者のかたには、ぜひ海外転売に挑戦していただきたいと思っています。

海外仕入れによるメリット・デメリットとは


(海外仕入れのメリット)

・日本で大人気のブランド品は、日本で購入するよりも、海外で購入するほうが圧倒的に安く購入できます。

(商品を直接海外から購入すると、関税や送料が発生しますが、それらを加味しても海外から購入したほうが安く買えます。)

・需要の多い日本未入荷商品は海外買い付けでなければ入手できない。

・日本国内では完売している商品が海外ではまだ販売されていることがある。

(海外仕入れのデメリット)

・販売サイトが外国語表記となっている。

・ニセモノを買い付けてしまうリスクがある。

・商品が届かないなどのトラブルがある場合もある。

以上が海外仕入れでのメリット・デメリットとなります。

メリットについてはやはり、日本国内においては利益率の高いビジネスモデルであり、常に変わりゆくトレンドにのることができれば、後発組でも勝算はあるというところでしょう。

問題はデメリットですが、この問題を少しでも解決できる策があるのなら、デメリットとして気にする必要はないでしょう。

海外仕入れにおけるデメリットはこうすれば解決できる

海外仕入れにおけるデメリットは、実は解決できる方法があります。

これから説明する内容を理解してもらえれば、デメリットも決して怖いものではなくなるはずです。

1、販売サイトが外国語表記となっている。

海外サイトで仕入れをおこなう際、必ずその国の言語表記のサイトを通じて購入しなければなりません。

英語が得意な人は問題ないのですが、得意ではない人のほうが多いのではないでしょうか。(私は得意ではない・・・。)

この場合はGoogle Chromeの翻訳機能を使います。

まずはそのサイトの画面上で、右クリックをすると「日本語に翻訳」という文字がでますので、そちらをクリックすることで自動で翻訳してくれます。

f:id:stylepoko:20181106222234j:plain

あとは日本のショッピングサイトで買い物するのと同じです。

2、ニセモノを買い付けてしまうリスクがある。

日本国内でしたら怪しいサイトや、ニセモノを取り扱っていそうなサイトは判断しやすいですが、海外サイトでは見極めが難しいところがあります。

値段が安いから、欲しかったサイズやカラーを取り扱っているから、などの理由で安易に手を出したらニセモノだったということがよくあります。

この場合に気をつけたいポイントがたくさんあります。

その中でも私の経験上、これだけは特に注意したほうがいいポイントを説明します。

1、 「SHOP STYLE」のサイトを通してショップを選ぶ

「SHOP STYLE」とは厳しい審査を通過したショップのみが登録を許された、ポータルサイトです。

www.shopstyle.co.jp

ここは安心かつ安全なサイトのみが集結しているため、ニセモノを買い付ける心配はありません。

2、 アレクサランキング10万位以内のサイトのみを利用する

アレクサ(Alexa)ランキングとは、世界中の企業のウェブサイトにおけるアクセス数をランキングしたものです。

当然1位はGoogleであったりAmazonやFacebookなどが上位を占めています。

このランキングの10万位を目安に仕入れていいか悪いかの判断をしてみてください。

 

3、 クレジットカードやPaypalでの決済ができない

商品購入時の決済手段にクレジットカードやPaypalが無いサイトは、疑いの目から入って間違いありません。

クレジットカードやPaypalを、決済手段として導入するためには厳しい審査があり、怪しいサイトは審査に通っていない場合があります。

以上の3項目だけでもまずはチェックしてみてください。

他にも判断基準はありますが、明らかにサイトの作りや値段設定、サイズ展開などに疑問を持ったら、よく調べてから購入するようにしてください。

 3、商品が届かないなどのトラブルがある場合がある

 

購入したはずなのにいつになっても商品が届かない。

そんなトラブルがまれにあります。

そもそも海外から日本に商品が到着するのに2週間~3週間前後かかる場合があります。そのため到着までに非常に不安を感じることもあると思います。

しかし1カ月たっても商品が届かない場合は、トラブルがあったのではと疑ったほうが良いでしょう。

このような場合は以下の手順で対応をおこなってください。

① まずは購入したショップにメールで連絡してみる。

② 追跡番号の記載がある場合は、発送状況を追跡番号から確認してみる。

③ Paypal決済した場合のみですが、Paypalカスタマーセンターに問い合わせてみる。

商品が届かなかったケースは私は一度もありませんが、商品が違うとかサイズが違うなどのトラブルは経験したことがあります。

私の場合は決済をすべてPaypalにして、トラブル時はPaypalカスタマーセンターに相談して解決してきました。

Paypalカスタマーセンターでは日本語で応対してくれますし、ショップ側との細かいやりとりもしてくれます。

もしトラブルが起きてしまっても慌てずに、対処することが重要です。

いかがでしたか。

デメリットとされる問題も解決できる策は必ずあります。

ビジネスをやるうえでリスクが無いということはありません。

でもリスクを小さくすることはできます。

リスクを小さくすることは、ビジネスで成功させるためには不可欠なことです。

(リスクが大きいと小さな失敗が大きな失敗となることがある。)

リスク=デメリットとするのなら、デメリットを解決することでリスクを小さくすることができるでしょう。